結婚式での失敗を避けるためには?基本の確認とやってはいけない行動をご紹介します

このサイトは結婚式での失敗を避けるためにはどうすればよいのか、基本の確認とやってはいけない行動をご紹介しています。
挙式や披露宴で失敗しないためにも、知らないうちにやってしまいがちなことを押さえておきましょう。
一般的に式のドレスやブーケは持ち込み料がかかるケースがあります。
知らないでいると後悔する可能性があるため注意が必要です。
またお色直しの時間が長過ぎると、披露宴が中だるみすることがあるので注意が必要です。

結婚式での失敗を避けるためには?基本の確認とやってはいけない行動をご紹介します

結婚式を成功させるために気を付けるべき行動を知っておきたいという人は多いのではないでしょうか。
結婚式は挙式から披露宴までの時間をコンパクトにするのが大切です。
この時間が延びると全体的に長くなりがちなので注意しておきます。
それから新婦のお色直しの回数は、多くても2回までにすることをおすすめします。
また余興で親類の方によるカラオケや詩吟をおこなうときには、長くならないようテンポ良く進めることが大切です。

結婚式の準備は早過ぎるくらいがベストタイミング

結婚式を挙げるためには必ず準備が必要ですが、一般的には半年前くらいから新郎新婦が協力して進める事が多いです。
仕事をしながら空いた時間や休みの日を利用して、少しずつでも用意を進めていく事がポイントになります。
半年程度であれば大丈夫と思う場合もありますが、場合によっては思わぬトラブルなどに対処するとあっという間に時間が過ぎてしまう事は多いです。
結婚式の準備自体は一般的には半年程度ではありますが、より余裕をもって早い段階から始めるのも良いタイミングといえます。
早く進めれば時間に余裕があるからこそ作業も丁寧に対応する事ができ、急なトラブルがあっても慌てることなく対応する事が可能です。
また早めに用意が終わっても時間があれば、ちょっと手を加えたりより魅力的な工夫を取り入れるといった余裕も持つ事が出来ます。
時間がなくなるという焦りがないので、新郎新婦も喧嘩といったトラブルなどもなく協力的に進める事が可能です。

結婚式の費用は予想以上にかかると思っていた方が良い

結婚式の費用ですが、率直に言って予想以上にかかると覚悟しておいたほうが間違いがありません。
この理由は、式場とか運営する側の都合というか、どんなサービス業でもとにかく最初は値段的にリーズナブルなように見せて注文や契約を得た上で、後からオプション的なものを追加していくほうが理にかなっているためということがあります。
たとえそれが事実であったとしても、最初からびっくりするような価格の結婚式の見積もりを出しては、顧客の新郎新婦はあっさりと他の式場探しに移ってしまうに違いありません。
また別の意味合いとしては、結婚式は晴れ舞台であり、お金の面でケチ臭いことを言うのはかなり憚られる雰囲気が生じる場面であることが挙げられます。
とりわけ、既に一つの家族になっているのであれば話は別かもしれませんが、結婚式のような場合には家と家との関係性もあることは極めて大きな理由になります。
要するに相手の家の者に対してこちらがしみったれていると思われたくないのは誰しも同じでしょう。

少人数の結婚式を選ぶ人が増えている理由

冠婚葬祭の多様化が進んでいる現代では少ない人数のゲストのみを招待しておこなう結婚式が選ばれるケースが増えていますが、その理由はなぜなのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
少人数の結婚式は新郎新婦の家族や身近な親族、本当に親しい友人等を招待しておこなう結婚式のことです。
親しい人や身内のみが集まるので、アットホームな雰囲気のウェディングになることが多くあります。
このような少ない人数での式が増えている背景には、以前よりも核家族が増えているということがあります。
親しく付き合う親族が少なくなっているので、身近な人たちだけを招待するということに繋がっているようです。
また定年まで同じ職場で働くことが以前よりも減っていることも少人数結婚式が増えた背景にあると考えられています。
平日の方が休みやすい仕事の人にもメリットがあり、旅行を兼ねて遠方でもできる自由度の高さも魅力となって人気があります。

結婚式での長過ぎるスピーチはやめよう

結婚式での長過ぎるスピーチは、結論からいえば場が白けてしまうので、基本的にやめるのが無難だといえるのではないでしょうか。
確かに、特別な日で思い出が次々に頭に浮かんだりあれこれ話したくなるのも分かりますが、結婚式は時間が限られるので予定の時間内に収まるようにするのが基本です。
また新郎新婦と関係性の低い人達にとっては、思い出話をされてもピンとこないので、その点を想像したり配慮して話の内容を組み立てることが肝心です。
内容が簡潔で誰もが共感できる構成であれば、多少長くなっても場が盛り上がったり結婚式をもり立てることに繋がります。
ところが、単純に長いだけのスピーチはただ単に退屈ですし、時間が長くなれば長くなるほど眠気を感じたり、あくびをする人が増えることになります。
結婚式では分かりやすく簡潔に、テーマを絞って何をどう話すか洗練させることが、人々の興味を引いて記憶に残ることになるのではないでしょうか。

著者:石神善雄

筆者プロフィール

富山県富山市生まれ。
コロナで延期していたが、念願の結婚式を今年挙げる。
自分の体験をもとに結婚式関する記事を書いています。
富山で結婚式を少人数で挙げる!